Preview
Click to preview フェラーラ・秘められた貴重なお料理 1. photo book

フェラーラ・秘められた貴重なお料理

ジャンフランコ

優子橋本:この本は、親切にし、完全に私達のチームメンバーによって翻訳されています

ジャンフランコ・

フェラーラ(イタリア)に1966年1月8日に生まれる。ジャンフランコキアリーニシェフはコロンボ・イタリアの起源から来ており、早い年齢でアメリカ合衆国でフェラーラ、イタリア、カラカス、ベネズエラとニューヨーク市、ニューヨークで多文化的な環境で成長しました。

1986年若い頃キアリーニはカラカス(ベネズエラ)のデ・アルタガストロノミア協会に登録し、後にアメリカ合衆国に帰国しピッツバーグカリナリー研究所から修士号で卒業しました。パリ(フランス)で彼はル・コルドンブルーに出席し、マスターカリナリーシェフの学位を取得します。イタリアではラ・グランアカデミアデラクッシーナイタリアンにてイタリア人のエグゼクティブシェフの名誉なメンバーシップを得ました。ヨーロッパ中の偉大なシェフの下で働きイタリアとフランスでミシュランスタンダードの訓練を受けました。
キアリーニシェフは直接、米国、ベネズエラ、カリブ海、アイルランド、ドイツ、オーストリア、イタリア、オランダ、フランス、スペイン、チェチェン共和国、クウェート、オマーン、バーレーン、レバノン、クエート、ドバイ、ヨルダン、エジプト、南アフリカ、インドネシア、エチオピア、トルコとインドで、メニューのデザイン、プロトタイプ、製品開発、高級ホテルのオープニング、カリナリーセンターと他のレストランの管理に携わっています。彼は中東の地域と多国、北アフリカのアラビア語圏話す国のテレビのセレブリティ・テレビシェフでもあります。

キアリーニシェフは2005年から2006年のペルシャ湾の彼らのお祭りの夕食のため称賛された「Chaine des Rotisseurs

」により最高のシェフとして選ばれました。ジャンフランコキアリー二シェフはエグゼクティブシェフ、お料理のコンサルタント、多国籍のホテルチェーン(インターコンチネンタルホテル・グループ、シェラトンホテル、ヒルトン、楽園と世界中のブティック・デラックスなホテルのようなところの専門シェフとしても勤務しました。
キアリーニシェフは責任と企業のシェフである事にかかわらず7ヶ国語を話します。彼はまだ魅力的な世界の高級なお料理との関連があるままです。事実、彼は素晴らしい3部作(名称)の2冊目の料理の本:イタリアの多国籍料理2.0の新しいルネッサンスを出版しています。(シェフ自身によって注意して作成される素晴らしい傑作のユニークな編集)キアリーニシェフは世界中から広い多数の料理の影響と多国籍料理を集めました;しかしながらイタリア料理を基盤にしています。

キアリーニシェフと優秀なディオライティシェフが、今あなたに1500年の日付を遡るイタリア北部王国の最も面白くこれまでに未知の料理のうちの1つを力を合わせてご紹介します。

本書の範囲


本書の範囲は世界に何世紀もの間フェラーラ市の市民が利用してきただけである北部イタリア秘められたお料理を発表する事です。フェラーラはポディボラノ上のブローニャから北北部50km上に位置します;ポー川の主流の分岐チャネルから5kmの北に位置します。

都市は主に小さな正統なクリスチャン支持者のローマカトリックです。フェラーラの歴史的なユダヤ人のコミュニティはまだ存続し,
唯一エミリア・ロマーニャの中で市は中世から現代へ継続して存在しています。

ユダヤ人のコミュニティはフェラーラが15世紀と16世紀に最も繁栄した時、公爵エルコレⅠd'Esteのとともに重要な役割を演じました。

沢山の典型的なお料理は中世に遡ることができ、幾つかの例でユダヤのお料理とフェラーラのお料理の影響を受けています。

最初の創作コースはカボチャのトッテリー二です。バターナッツカボチャ、ナツメグで風味付けたパルメジャーノを詰めたラビオリの一種です。

トッテリー二はバターとセージソースと一緒に給仕されます。本書で私達がこの素晴らしいお料理を再訪問するつもりです。そしてもっと沢山、同じ材料で、しかし新しい現代の工夫を取り入れて再現します。私達はあなたを北イタリア王国からの「フェラーラ・神秘の貴重なお料理」秘められた貴重なお料理の第一版へ歓迎いたします。

ェフ著

著作権 :2011年
著者
:ギアンフランコ・キアリー二シェフ&ダビデ・ディオライティシェフ
全著作権所有 :本書はいかなる企業の利益の為にも複写を禁ずる
カバーデザイン:ギアンフランコ・キアリー二シェフ&ダビデ・ディオライティシェフ
本のデザイン :ギアンフランコ・キアリー二シェフ&ダビデ・ディオライティシェフ
お料理の作り方:ギアンフランコ・キアリー二シェフ&ダビデ・ディオライティシェフ
著作権所有
まず、全ての権利とイメージと本書の全内容は単独に作成者と所有者であるギアンフランコ・キアリー二シェフとダビデ・ディオライティシェフに帰属します。

本書のどの部分も、いかなる形またはいかなる電子や検索システムを含む機械式手段によっても再生されることは著者と所有者の書面の許可なくして禁じられます。

唯一の例外は評論家によるものであり本書の著者または所有者により認可され、評論において短い抜粋を引合いに出すかも知れません。製品の全ての他のイメージと食物材料は単にその製品の製造者だけに属します。本書の製造者のイメージと使用はそのような製造者によって認可されています。

本書の全体的な著者のギアンフランコ・キアリー二シェフとダビデ・ディオライティシェフは彼ら自身の判断で作り方のイメージと製品を使用する全ての権利を所有します;前記の全てはこのお料理の本の事前にメーカーの御承認を得ています。
さらに、印刷されたもの、もしくは準備、調理、装飾、写真撮影セッションの練習の結果、印刷されなかった本書に関連する全てのイメージは単独にギアンフランコ・キアリー二シェフとダビデ・ディオライティシェフの所有物です。

本書中の食物成分の広告は、それらの製品のメーカーの住所、連絡先番号をを表示しています。製造者へのつながりは上述のメーカーから読者の方々が直接それらの製造者から材料を購入する事が可能なようにとの目的で含まれています。

本書の著者と所有者はいかなる時も製造者の連絡先の詳細のいかなる変更とそれらの品質に対する責任は持っておりません。;本書で作り方の再現を試みられる読者の落胆やご不満をいかなる時にも引き起こすかも知れないとの理解をしております。

彼のファンクラブのシェフジャンフランコは、次のとおりです。https://www.facebook.com/Gianfranco.Chiarini?ref=s

ChefGianny

About the Author

Michelin starred Chef. Gianfranco Chiarini
ChefGianny Ferrara (Emilia-Romagna), Italy.

Find very important and relevant information of chef Gianfranco Chiarini @ the following links:

* Wikipedia: http://en.wikipedia.org/wiki/Gianfranco_Chiarini

* Web site: http://www.executivechefgianfrancochiarini.com

* Fan Club: https://www.facebook.com/Gianfranco.Chiarini?ref=s

* CNN Interview: http://www.youtube.com/watch?v=zacnb_4oY0A

Comments (0)

Quantity

Blurb Sites

© 2014 Blurb